見出し

ニュース

530運動(海岸清掃)を行いました!

高等部
 9月9日(金)は本校の創立記念日でお休みの日でした。その日に高等部1-Aの有志で530(ごみぜろ)運動を行いました。今回の清掃場所は、豊橋市伊古部町にある伊古部海岸。海岸に到着するとそこには、ペットボトル、プラスチック容器など様々なごみが漂着していました。生徒たちは「危なくて、砂浜で遊べないね」と海岸のごみ問題の深刻さを改めて理解していました。さらに、漂着物だけではなく、冷蔵庫やクッションなどの不法投棄物も。「こんなごみ誰が捨てていくんだろう?」と疑問に思う生徒たち。綺麗な砂浜を守るために生徒たちは、一生懸命ゴミを拾い集めました。
 午後から行ったのは「マイクロプラスチックの回収」。マイクロプラスチックとは、5㎜以下の微細なプラスチックで、環境省の資料によると、毎年少なくとも800万トンものプラスチックが海に流れ出ているそうです。生徒たちは、海水を入れたバケツの中に砂を入れて、浮いてきたマイクロプラスチックを回収。「砂浜に、こんなにプラスチックがあるなんて知らなかった!」と生徒たちは驚いていました。
 今回の530運動で回収したごみは、なんと50キロにもなりました。豊橋市の綺麗な砂浜を守ることに貢献出来、嬉しそうな生徒たち。また今回、回収したマイクロプラスチックは、1-Aの学園祭企画「巨大ガチャガチャ」に利用します。今後もこのような活動を通して、地域貢献を行っていきたいですね。
(文責:高等部 竹之越)