見出し

ニュース

自己紹介カード

普通科
4月20日、一斉学級懇が行われました。
大勢の保護者の方々にご参加いただきました。

中でも私の記憶に残った光景をお伝えさせていただきます。
あるクラスでは、学級での懇談が終わった後、ほとんど全ての保護者の方がスマートフォン
を片手に教室の後ろにある黒板の前へと足を運ばれていました。
その黒板には、生徒一人ひとり、手作りで作った自己紹介カードが掲示されています。
マスクなしでの写真付きです。
私たち教員にとっては、普段は見ることのできない、「マスクなしでの生徒の顔」を見ることができる自己紹介カード。そして保護者の方々にとっては、普段は見ることのできない、「学校での我が子の顔」を見ることができる自己紹介カード。
そんな特別なカードが、保護者の方々のスマートフォン、そして目に、収められていきました。
親の愛がいかに偉大か。そんなことを感じるとともに、改めて大切なお子さまを私たちに預けてくださる喜び、そして責任を感じることのできる、そんな瞬間でした。

私たち教員にとっても一人ひとりが大切な生徒です。
家庭でも学校でも、たくさんの愛に触れて成長できる環境を作っていきたいと思います。
(文責:芝原)