見出し

ニュース

「修学旅行に向けて」

普通科
思い返すと真新しい青色の制服に身を包み入学してきてから早1年。学年が1つ上がって2年生になりました。高校生活における一大イベントである修学旅行も残すところ2カ月を切りました。4月11日(月)には修学旅行に向けて学年集会が開かれ、準備から当日までの心構えや当日の流れの確認などが行われました。
先生方の話を聞いて、これまでのふわっとしたイメージが具体的なものに変わり気を引き締める反面、現地へ下見に行った先生方が作ったVTRを見てワクワクを隠せない生徒の姿も見受けられました。
同週の14日(木)には、第1回リーダー会(修学旅行実行委員の集まり)が行われました。修学旅行を成功させるため、たくさんの生徒が積極的に立候補し、集まりました。
この日の作業は班分け。生徒は交流班、平和班、レク班、しおり班、通信班の5つの班に分かれ、これから動き始めます。コロナ禍の中、例年通りには実施はできません。事前に各施設とも密に連携を取り、保健室とコロナ対策を考え、慎重に計画しています。修学旅行は学びの場。原爆の火を灯し続けている桜丘だからこそ行う平和教育。そして何といっても一生に一度しかない高校生活の思い出づくり。まだまだ収まらないコロナ禍の中、先行きの見えない状況ですが、生徒・教師一丸となって、成功に向けて頑張っていきましょう!

(文責 中西圭)