見出し

ニュース

2学期末英数科集会開催!

英数科
12月21日は、各学期末に一度開催される、英数科集会の日でした。
その場で起立した、英検準一級合格者や模試でSランク(難関~最難関大学レベル)を収めた生徒たちへの温かい拍手で幕開けした、第一部。続いて、今学期、模範的な活躍をした生徒や、目覚ましい成長を遂げた生徒、クラスや学年、学校に貢献した生徒などから選ばれし3名(各学年1名)に、主務の樋渡先生から「英数科表彰」が授与されました。皆頑張っている中で、この3名に選ばれることは、非常に名誉なことです。次回は自分がもらえるように励んでいきましょう!

  

 

去る11月16日に開催された愛知県私学弁論大会で見事準優勝を勝ち取った高校2年生の山本彩純さんや、第26回全国高校生創作コンテスト(國學院大學・高校生新聞社主催)で、短編小説が「佳作」を受賞した、高3近藤聖斗君も、紹介、表彰されました。学内外を問わず、それぞれの得意分野に打ち込み、才能を伸ばしている生徒たちの活躍はまぶしい限りです。

 

第二部では、高3の壮行会が行われました。英数科表彰にも選ばれた、我らが誇る優等生、藤田宗久くんが高3を代表して、受験に対する「決意表明」を読み上げました。以下、藤田くんのスピーチです。

「本日は私たち3年生のためにこのような場を設けていただき、ありがとうございます。1年生、2年生の皆さん、先生方からエールをいただき、身が引き締まる思いです。

この3年間、合格という大きな魚を釣り上げるために精一杯努力してきました。自分の成績に不安になったり、プレッシャーに押しつぶされそうになったり、投げ出したくなる時もありました。しかし自分の可能性を信じてやってきました。

3年生の皆さん、いよいよですね。緊張しすぎていませんか? 僕は風向きで決まるほど遅刻ギリギリの生活を送っていたのですが、緊張しすぎて朝の登校が1分早くなってしまいました。しかし緊張するのは今まで頑張ってきた証だと思っています。
最大限の力を発揮できるよう万全の体調で臨みましょう。皆様の成功を願っております。」

高校1年生、2年生からの記念品贈呈(合格鉛筆、もちろん高3みんなの分が入っています)、最後に、英数科主務・樋渡先生からのお話で英数科集会は閉幕しました。

2022年も残すところあと僅か。英数科では、冬休み中も補習や自主登校を実施、学ぶ環境が調えられています。共通試験本番まで、約3週間です。身体に気を付けて、やるべきことを粛々とやり、粘り強くいきましょう!勝負はこれからです。
(文責 村田)​
※ 本校では、感染症対策が十分に行われています。