見出し

ニュース

修学旅行2日目

普通科
普音科3年生の修学旅行、2日目には岡山県の倉敷を訪れました。倉敷では自由散策をし、それぞれの生徒が趣深い美観地区を観光しました。岡山といえば、きびだんごにももなど、美味しい名物がたくさんあり、多くの生徒は美観地区で食べ歩きを楽しんでいました。古風で美しい町並みを見ながら食べる名物は一段と美味しかったことだと思います。
二時間程度の自由散策を終えた後には、香川県に向かい金毘羅山散策をしました。金毘羅山散策で設けられた時間は約一時間程度。本宮に向かうまでには785段の階段を登らなくてはなりません。それでも、何人かの生徒たちは本宮まで足を運び、そこでしか売っていない金色のお守りを手に帰ってきました。また、時間がなく本宮に向かえなかった生徒たちは琴平町を散策しました。琴平町には多くのお土産屋さんが立ち並び、お土産を買ったり、食べ歩きを楽しんだりすることができます。本宮まで足を運んだ生徒も、琴平町を散策した生徒にとってもあっという間の1時間となりました。
金毘羅山を散策した後は、中野うどん学校を訪れうどん作りを体験しました。うどん作りといっても、ただうどんを作るだけではありません。うどんを踏む工程に入ると、音楽が流れてきます。うどんを踏む人は音楽に合わせて踊りながらうどんを踏みます。それ以外の人はタンバリン等で音楽を盛り上げます。こうして作ったうどんは袋に詰めて自宅に持ち帰ります。この年末年始に自宅で食べた生徒も多いのではないでしょうか。
2日目は食や文化、自然に触れた贅沢な1日となりました。

(文責:芝原)