見出し

ニュース

夏の体験入学

普通科
夏休み中に2度の体験入学が開催されました。私が開講したのは「ことばについて考える」という講座です。この講座では、日常生活で私たちが使う方言や、教科書に載っていることわざ・四字熟語などを、かるたを通して学びました。
例えば、普段の学校生活でもよく耳にする「放課」という言葉。実は、これは愛知県の方言なのです。愛知では「休み時間」という意味で使われているこの言葉ですが、辞書を引いてみると、「1日の授業が終わること」と説明されています。
他にも、「後ろ」のことを、「うら」と言いませんか?これはなんと愛知県ではなく、栃木の方言だそうです。このように、普段何気なく使っている言葉が、方言だと知り驚いたり、高校生になってから習うような難しい四字熟語を学んだり、初めて顔を合わせた者同士でのゲームを楽しんだりと、中学生の様々な表情を見ることができました。

このように、桜丘の体験入学では、体験授業を受けることができます。秋にももう一度体験入学が実施されるため、1人でも多くの方々にご参加いただき、共に楽しく学べることを楽しみにしています。

文責:芝原