見出し

ニュース

他を尊重するということ

高等部
高等部の各クラスのホームルームでは、遠足の行先を話し合いました。「遠足の行先を決めたいと思います」と担任の先生が言うと、嬉しさのあまり拍手が巻き起こるクラスも。
あるクラスでは、行きたい場所や気になる場所についてコンピュータ室でリサーチ。「そこ面白そう!」「遠すぎるよ!」と隣の画面をのぞき込み、会話に花を咲かせる生徒たちの笑顔が印象的でした。
別の教室では、リーダーシップを発揮し、みんなの意見を黒板に書き出す子の姿も。ある生徒は、「みんなで楽しめるところがいいよね」とクラスの全員が楽しめる遠足の案を考えており、団結力が感じられました。
その中でも3年生の団結力は、並大抵のものではありません。「どこか行きたい場所はある?」となかなか意見を言えないクラスメイトを気づかう姿は、三年間を一緒に過ごしてきて築き上げた絆の深さを感じさせます。
さて、行き先はどこになるのでしょうか?今回の遠足も、絆を深める機会になるといいですね。
(文責 竹之越)