見出し

ニュース

楽しく学ぶ!

高等部
 4月7日に高等部3年生が修学旅行へと出発。コロナの影響もあり、一度は延期されたものの、無事に行うことができました。今回の修学旅行では五箇山、金沢21世紀美術館、兼六園、近江町市場、金沢駅、のとじま水族館、トヨタ白川郷自然学校、白川郷、飛騨高山をめぐりました。以前の記事でも紹介した通り、「日本の新たな一面を発見する」をテーマに生徒はチームごとに国内の修学旅行先を調べ、プレゼンテーションを行いました。今回の行先は、その中から選ばれた案です。
 まずは、世界文化遺産にも登録されている五箇山で昼食をとり、金沢21世紀美術館で多くの現代アートを鑑賞しました。その後、向かった先は日本三名園の1つでもある兼六園。当日は、桜が満開で生徒たちは、美しい桜の木々を楽しんでいました。
 最終日には、世界遺産の白川郷合掌造り集落へと向かい、日本の美しい原風景を楽しみました。また、トヨタ白川郷自然学校にてスノー・シュー・ハイクやスノーアーチ作りなど楽しさの中に学びの溢れる活動を行い、生徒たちも試行錯誤しながら一生懸命に活動に取り組んでいました。豊橋では例年雪があまり積もらないので、上記のような活動は、生徒にとって大変貴重な経験となりました。夜は豪華なフランス料理。生徒たちはテーブルマナー講座も受けて食事を楽しみました。
 今回の修学旅行では、満開の桜と美しい雪原を楽しむことができました。また、楽しいだけでなく、一人ひとりにとって多くの学びもあったことでしょう。今回の修学旅行でより一層深まった絆。残りの一年も楽しく学び頑張っていきましょう。(尚、この修学旅行は旅行会社、各施設のコロナ対策のガイドラインに則って実施されています。)