見出し

ニュース

加湿器稼働中!

高等学校
12月になりました!
本校では、11月から感染症予防として、各教室に1台ずつ、加湿器を置いています。
タンクへの水入れなどは保健厚生委員会が行っています。

この時期は、寒さ対策で暖房を使用する機会が増え、どうしても乾燥しやすくなります。
乾燥することで、のどが乾燥し、風邪を引いたり、感染症にかかりやすくなったりします。
暖房がついているからとドアや窓を閉め切らず、これまで通り換気も行い、加湿器を有効活用して乾燥を防ぎましょう。

2学期も残りわずか!
元気に終業式を迎えることができるよう、一人一人が感染症対策を行いながら過ごしましょう!

(文責 浅野)