見出し

ニュース

第21回東海地区高校生中国語発表会

普通科
「加油我、加油我」(がんばれ私)
毎日中国語漬けで楽しそうに練習する姿を見てて私も嬉しかったです。
そして、日々成長していく姿に感心を覚えました。

「我们练习了很多次汉语」(私たちは何回も中国語を練習しました)
中国語弁論大会が11月14日(日)、愛知大学車道校舎でありました。
2年生代表で鈴木美菜実さん、兵藤雷くん、渡邉いづみさんが朗読部門。
佐藤知花さん伊藤はいねさんが暗誦部門で出場しました。
3年生代表では吉田有香さんも暗唱部門で出場をしました。
みんな当日まで長時間練習を各々先生と積極的に弁論大会のため練習していました。
そして前回紹介した清水美空さんは発表指導にあたってくれました。

発表は、各々個性あふれる表現の仕方で同じ課題文を読んでいるとは思えないくらい素敵でした。
発表する前までは、「人の前で発表するの緊張する」と言っていた生徒も、前に立ってみるとはpp棟前野様子からは想像できないほど“生き生き”とそして“堂々”としていてとても誇らしかったです。

全員の発表が終わり審査している間は交流会という事でビンゴ大会が行われました。
他校の生徒と和気あいあいと楽しんでいました。ビンゴで出た数字を中国語で言わなければならないルールで教員に頼るのではなく、他校の生徒に聞いたり教えたりしている姿はとても立派でした。

交流会が終わり、ドキドキの結果発表の時が来ました。
桜丘高校からは暗誦部門で伊藤はいねさんが奨励賞をいただくことができました。
恭喜恭喜!(おめでとう)おめでとうございます!
残念ながら他の生徒は入賞することはできなかったのですが、とても素敵な発表でした。
審査の方が、「発表者全員のレベルが高かった」と仰ってくださいました。今年は惜しくも入賞できなかった生徒も「来年は頑張る」と前を向いていました。真棒!(すばらしい)

为你们的努力鼓掌!!!(あなたたちの頑張りに拍手します)
辛苦辛苦(おつかれさま)谢谢啦(ありがとう)
最後はみんな笑顔で「イーアールサン チエズ」         (文責:北村)