見出し

ニュース

Help!

高等部
 これまで何度かお届けしてきた高等部の総合学習は、1年生だけでなく2年生も活動をしています。今回は2年生がおこなったプレゼンテーションの様子をお届けします。
プレゼンテーションをするにあたって、与えられたテーマは「Ideas to Help a Person in Need(困っている人を助けよう)」。1年生は日本語による、パワーポイントを使ったプレゼンでしたが、2年生はあえてアナログのポスター1枚を手に、すべて英語でプレゼン発表をしました。誰が見ても伝わるよう、伝える内容の要点を取捨選択し、思い思いのデザインでポスターを作成しました。発表自体も、伝えたい思いがしっかりと声や話し方に込められていました。
ほかにも、聞く人が分かる単語、難しすぎない言葉遣いを心がけるなどの工夫を凝らして発表を構想しました。プレゼンテーションで大切なのは、聞き手に「伝える」こと。言語が違っても、その本質は変わりません。今後様々な場面で活躍するための、一つの経験となった発表会でした。(文責:高等部佐藤)