見出し

ニュース

部活動紹介:剣道部(男子)

高等学校
今回ご紹介する桜丘の部活動は、男子剣道部です。日々、竹刀の音と気迫に溢れる声を響かせ、全国優勝に向けて稽古に励んでいます。

1年生と2年生の部員に、日々の部活の中で大切にしていることを尋ねました。「剣道部一丸となって、目標に向かい精進することです。」「基本を疎かにせず、鍛錬に励むことです。」剣道を通して、人として成長したい。仲間や先輩を見習って上を目指したいという彼らの想いは、日々の稽古でも意識されているのだと感じられました。

 1、2年生が背中を追う3年生にも話を聞きました。後輩たちに、「先輩方は自分たちで緊張感を作り出して稽古をしています。」と言われていた3年生。今回の取材にも、初めはとても引き締まった表情で答えてくれました。それでも、少し打ち解けてくると気さくに話をしてくれ、「自他ともに厳しく、そして楽しく」という、彼らの目指すメリハリを体現していました。
 
 剣道を通して身についたものとして、生徒たちが口をそろえて挙げるものは、「礼儀」でした。礼に始まり礼に終わる。相手への敬意を忘れない。そして、剣道ができることや周りの人々への感謝を常に持つこと。日々の稽古や試合の中で大切にしていることは、人としての成長に大きく関わっていました。鍛錬を重ね、より良い結果を目指すとともに、一人の人間としても立派になっていくことを願います。(文責:高等部 佐藤)