見出し

ニュース

「進路決定も大詰めです!」

普通科
 7月1日の高校生向け求人開始を目前に控え、いよいよ就職希望の生徒はエントリー先を絞っていかなければなりません。そのため職員室は、求人検索用タブレットを使用する生徒たちでにぎやかになっています。「(製造業のなかでも)どこがいいんだろう?」など、真剣な表情で求人票を閲覧しています。
私たちは就職指導をする上で「ミスマッチを起こさない」ことを大切にしています。仕事内容も見ないで決めてしまうと、すぐに退職することに繋がってしまうし、仕事へのやりがいを見つけづらくなってしまいます。ゆっくり決める時間はありませんが少しでもミスマッチングが起こらないように面談などサポートをしていきます。
総合の時間でも本格的に面接練習が始まりました。慣れない言葉遣いや姿勢など覚えることがたくさんあります。いきなりは無理でも一歩ずつ成長していく姿を側で見守っていきます。
自分の希望する形の進路を思い浮かべながら、自らの意思で大きな決定をしていきます。
 生徒たちが、進路実現することができるように面接指導などをしっかりと行なっていきます!
(文責:下田・佐竹)