見出し

ニュース

東日本大震災復興支援10年 桜丘絆まつり 全校企画実施中!!

高等学校
 こんにちは。「桜丘絆まつり」全校企画担当の伊藤まどかです。絆まつりまで、残り約1週間となりました。今回の目玉企画の一つである、全校企画の生徒代表 中西愛(あ)虹(こ)さんにインタビューをしました。

Q: なぜ全校企画を実施しようと思ったのですか?
中西さん→今月で東日本大震災から10年を迎えます。桜丘高校はこれまで、現地でのボランティア活動や、毎月11日に駅前で街頭募金を実施するなど、心の交流を行ってきました。しかし、今年度は、新型コロナウイルスの影響で、例年通りの活動を行うことができませんでした。しかし10年という節目だからこそ、いつもとは違う形で、みなさんに想いを届けたいと思いました。

Q: 全校企画は「手形アート」ですね。なぜ手形アートを全校企画にしようと思いましたか?
中西さん→今年度は、実際現地へ赴き、直接手を触れ合ったり、重ねたりすることが困難なため、全校分(中学校・高校・先生)の手形を使って、東北の人々へ想いを届けたいと考えました。「絆まつり」ということで、手の中央に‘絆’という字を書いてもらいました。手の形が一人ひとり違って、‘絆’という字にも個性があり、より桜丘らしいアートが完成すると思います。

Q: 作業は順調ですか?
中西さん→今のところは…順調です!(笑)ただ2000枚の手形だけで、一枚のアートが完成するのかどうか、少し不安です。完成できるように頑張ります!

Q: 最後に一言!
中西さん→自分の手形がどこにあるのか、どのように完成するのか、当日足を運んで見て下さい!私たちで盛り上げていきましょう!
文責:伊藤 まどか