見出し

ニュース

僕らの勢いはこれからも。

普通科
 2020年度も残すところ3月のみとなりました。生徒は学年末テストへ向けて日々学習に取り組んでいます。そんな中ですが、今回は普通科1学年が取り組んでいる自転車マナーアップについて紹介したいと思います。
 今年度、普通科1学年では早い時期から「先生から生徒へ問題を提示する」のではなく、「生徒自らが実態と向き合い、問題を発見・改善に取り組む」ことを大切にしてきました。交通安全委員会のメンバーはほとんど毎週のように集まり、自転車置き場の実態、どうあるべきか、どう学年全体に伝えていけばよいかを考えてきました。
 主な活動としては呼びかけがありますが、それぞれの委員がクラスメイトにどう問題を伝えて、解決に導いていくかを吟味し、実践していたことは特筆すべきことです。そして先日、各クラスと自転車置き場に手書きの注意喚起ポスターが掲示されました。

 こうした取り組みを支えているのは、1学年の若い先生たちです。この間、職員室で何度も「生徒のこれから」について話し合っている姿を目にしました。生徒だけでなく、先生の新たな挑戦も応援し支えてくれる温かな雰囲気が職員室、学年全体にあふれています。これからも誰かの「やろう!」という声には全力で「いいね!」と後押ししたいと思います。

 話しは変わって芸術発表祭についてお知らせです!1学年は選択科目が美術と音楽に分かれています。美術はクラス毎の共同制作、音楽はクラス合唱が予定されていましたが、コロナ禍により音楽は中止せざるを得ない状況でした。そこで今年度音楽選択のクラスは東日本大震災復興支援テーマソング「花は咲く」を手話で表現することとなりました。今年ならではの大作(対策)に乞うご期待です。

(普通科1年)