見出し

ニュース

将来に向けて

普通科
先日大学や専門学校の先生、企業の方々をお招きした進路シミュレーションが行われました。実際に社会に出たときや大学に進学したときにどのようなことを行うのか、現場の声を聞くことができました。自分の進路に関わるということもあるせいか、生徒達はいつになく真剣な表情で話しを聞いていました。子ども達の中には進路に対してはっきりとした目標を持っている子もいる反面、やりたいことがたくさんあって決めかねている子もいます。しかし、早めに進路を決めていくことで、それに向けてしっかり対策をとることができるのも事実です。どちらにせよ、1人1人が納得のいく進路へと向かっていけるように応援していきたいと思います。そのためにまずは生徒自身が目の前にあることに全力で取り組んでもらいたいと思います。
(普通科2年 仁枝 中西)