見出し

ニュース

授業後に行われている『管楽アンサンブル』補習の様子です。

音楽科
 船井雅子先生ご指導の元、来年1月19日に開催される『第56回音楽科卒業演奏会』に向けて準備が始まりました。フルート、クラリネット、ユーフォニアム、ピアノの編成での楽譜は出版されていない為、船井先生が丁寧に編曲して下さいました。
 現代風にアレンジされた『ずいずいずっころばし』はスイングが入り、ユーフォニアムのマウスピースでネズミの鳴き声も表現します。(可愛らしい鳴き声になるのでしょうか?本番が楽しみですね♪) 『とおりゃんせ』は独特なハーモニーを加えた童謡にアレンジされています。
 賛美歌『いつくしみ深き』は穏やかなメロディーに美しいハーモニーの調和を目指します。
 3年生:中野さん(クラリネット)と英一君(ユーフォニアム)の楽器の会話を、2年生:岡田さん(フルート)、尾崎さん(ピアノ)、1年生:加藤さん(クラリネット)の3人が支えます。先輩、後輩の仲も良く、厳しい練習の中にもいつも笑いは絶えません。 (文責:野畑さおり)