見出し

ニュース

適度の「緊張感」とブレない「覚悟」があれば行事は実施できる!

TOPIC
全国の多くの学校で、今年度の様々な行事が中止になる中、桜丘では慎重な論議を重ね、かつ生徒の気持ちを考えて、行事の実施を検討してきました。その結果、学園祭も体育祭も、制限付きですが無事に実施することができました。コロナ禍での行事実施は、本音を言えば怖いです。何か起これば謝罪会見、それで済めばいいのですが、もし命に関わることがあれば、学校にとっていいことはひとつもありません。それでも実施に至ったのは、ひとりひとりの生徒にとって「今」は、今しかないからです。教師が覚悟を決めれば、生徒に波及します。それどころか、行事を実施することに生徒たちは感謝をし、例年以上に出来栄えもよく、一生懸命に取り組みました。その姿を見て、私たち教師も「あぁ、実施して良かった。」と、達成感を得ることができました。
 早いもので10月も終わります。ひと段落したところで今一度体調管理や感染予防を徹底し、気持ちのいい秋を有効に過ごしてほしいと願います。  (文責:竹内貴)