見出し

ニュース

音楽科『ソルフェージュ』授業紹介①

音楽科
 説得力ある演奏をするため、楽譜に書かれている必然性を理解し、音楽の言葉を表現していくために必要不可欠な『ソルフェージュ』。楽譜を書く力、読む力、音楽の細部までに気を配る力、音楽全体を捉える力を鍛えるため、音楽科では特に力を入れてトレーニングしています。
授業内容は聴音(単旋律聴音、複旋律聴音、暗記聴音、和声聴音など)と新曲が中心。
 今日は密集四声と開離四声(4つの音を同時に聴きとり、素早く楽譜に仕上げます)、仕上げた楽譜の和音記号を考えていきました。
 写真はピアノを聴きながら集中して楽譜を書く音楽科生徒達と書き上げた生徒達の楽譜です。答え合わせも隅から隅までしっかりやっています。レベルアップを目指すやる気満々の生徒達、頼もしいです!(文責:野畑)