見出し

ニュース

「今できる共有と共感を」

高等部
生徒の来ない学校に寂しさを感じる日々でしたが、本日(17日(金))の登校日では元気な姿を見せてくれて、元気をもらいました。さらに暗いニュースが続くこのご時世に、うれしい事がありました。生徒の一人が、最近読んで面白かった本を「おすすめの本」として通信を書いてきてくれたのです。人と人とが直接触れ合うことの出来ない今だからこそ、「共有できること」「共感できること」が大切なのだと改めて感じました。
また明日から生徒の来ない学校に戻ると思うと寂しいですが、みんなが集まれる日を楽しみに、教室をきれいにして待っています。(文責:高等部 川端)