見出し

ニュース

合格者の声 パート②

英数科
前回紹介できなかった英数科の卒業生の声をお届けします。

浜松医科大学(医)
加藤脩志

英数科は学校で平日夜8時半まで、土曜日は夜6時まで学習できます。質問や勉強の仕方、受験アドバイスなどを先生方にできたので、安心して自分のペースで勉強できたことが合格の秘訣だと思います。   

信州大学(繊維)
岡田全史

1年から放課後自主学習と土曜日自主登校を利用していました。その時間は、宿題や授業の予習・復習を中心に使っていましたが、少しずつ問題が解けるようになり、気がつくと数学が得意になっていまいた。担任との面談では、自分に合った大学や学部を見つけてくれたり、得意科目を利用した受験の仕方のアドバイスをもらいました。
英数科の学習システムや先生との面談のおかげで合格することができました。

藤田医科大学(看護)
高嶺花菜

英数科は一人ひとりが勉強に集中できる環境が整っています。学習クラブには、勉強に強い意志を持った仲間がいるので、お互いに切磋琢磨できます。また、学習クラブに入部しなくても、平日20:30まで自主学習ができたり、補習をうけることもできます。自主学習により、予習・復習をその日のうちにすることができるので、授業がより深く理解することができました。さらに、質問も先生が丁寧に答えてくれるので、塾に行かなくても、英数科の学習システムに乗っかるだけで、志望校に合格することができました。

神戸大学(工)
松浦圭佑

さぼりがちな僕ですが、平日の放課後自主学習や土曜日の自主登校があったおかげで、3年間コツコツ勉強をし続けることができました。受験で精神的に追い込まれたときがありましたが、先生のアドバイスや仲間と一緒に勉強する環境があったからこそ、乗り越えることができました。

同志社大学(工)
大津克樹

中学時代、勉強をする習慣がなかった僕ですが、高校での放課後自主学習を利用することで勉強の習慣をつけることができました。1年から学習クラブに入って、数学甲子園を目指したことで、2年の頃には数学を得意にすることができました。数学ができるようになって自信がつき、より勉強に力が入りました。英数科は塾に行かなくても、大学に合格できる学校です。