見出し

ニュース

一部部活動の再開について

高等学校
一昨日、政府の専門家会議がコロナ感染の流行が長期化する見通しを示しました。また愛知県教育委員会は各県立高校に、今月の12日(木)~19日(木)は「学校の実情や生徒の状況を踏まえて弾力的に判断し実施してよい」旨の通達をしました。
 以上の状況を踏まえ、本校においても以下の条件を遵守し、活動計画を審議した上で学校が認めた部のみ13日(金)~19日(木)までの活動を許可することとします。活動を行う部は部顧問から連絡が行きます。尚、今回の措置は休校の長期化による生徒の心身への影響を考慮しての判断と御理解いただきたいと思います。20日以降は今後状況を見て判断し、連絡させていただきます。
 ※以下、許可の条件を示します。

≪3/13(金)~19(木)≫部活動の指針

実施方法
① 極力実施は控えつつ、どうしても必要な部活は許可制とする。(申請書提出)
② 参加する生徒は保護者の同意を得ること。但し強要はしない。(同意書保護者提出)
③ 活動は必ず顧問の指導の下で実施する。
④ 部活開始時間は通勤時間を避けた時間で実施する。
⑤ 実施時間は屋内2時間以内、屋外3時間以内とする。
⑥ 練習試合や合同練習など他校との交流は禁止とする。

感染予防策
① 実施時間中屋内は対面する窓を2箇所開けること。
② 本人もしくは家族に体調の悪いものがいる場合該当生徒は練習に参加させない。同時に毎回練習時検温を実施し、その際37.5度を超えるものは即帰宅をさせる。
③ 体育館使用時は、実施人数は同時に上限40名までとし1施設に複数部活は行わない(男女で1部活と考える)。教室を使用する場合は感染予防策を申請書に克明に記載する。
④ マスク着用、練習前後の手洗いもしくはアルコール消毒を行わせる。
⑤ 接触プレーの練習メニューは行わない。
※リスク回避のポイント 
①換気(2方向の窓を同時に開ける)
②近くでの会話をさせない
③人の密度を下げる