見出し

ニュース

卒業献血

高等学校
2月13日(木)に卒業献血を行いました。

この卒業献血は、昭和58年から始まり、今年度で37回目の実施です。
社会貢献の一環として高校生にできることをしよう!というきっかけで始まり、先輩たちから受け継がれている意義のある活動です。
今年の全科3年生も69名の生徒が希望し参加してくれました。
昨年から、骨髄バンクの登録会も同時に行っています。

〔献血受付の様子〕


〔骨髄バンクの説明を真剣に聞く生徒たち〕


輸血に必要な血液は人工的に造ることができません。
また長期保存もできないため、持続的な献血が必要になります。

今回の卒業献血を通し、献血を身近に感じてもらえたら嬉しいです。
人のためにできることがあるって素敵ですね!


参加してくれた3年生の皆さん。
ありがとうございました。

(文責 太田)