見出し

ニュース

英数科2年生修学旅行の思い出(2日目)

英数科
修学旅行2日目の沖縄も晴天でした。

まずは首里城へ行きました。
日本と中国の文化が融合した琉球文化を身近で感じることができました。

暑い中、歩いて登るのは大変でしたが、沖縄の街並みを一望できました。

次に向かったのはガマです。いわゆる防空壕です。
沖縄戦で多くの民間人がここに身を隠しました。
現地のガイドボランティアの話を聴きながら、実際に入りました。
当時、多くの方が犠牲になった場所。
貴重な体験でした。

そして、ひめゆりの塔。
千羽鶴を奉納しました。
資料館があり、自分たちと同じくらいの年齢の女の子たちが従軍していたという現実を目の当たりにしました。

午後はウミカジテラスへ行きました。
カフェやレストラン、雑貨屋さんが立ち並ぶ、お洒落な場所です。
海が近くに見え、景色がとても綺麗でした。

最後に向かったのは道の駅かでな です。
沖縄の基地問題について、ガイドボランティアの話を聴きました。
嘉手納基地が見えるのですが、その広さに驚きました。
オスプレイが飛ぶと、そのエンジン音の大きさで周りの音が全く聞こえなくなるほどでした。

その日は夕食のあと、夜レクがありました。
イントロクイズや単語当てゲーム、ビンゴゲームなど学年全員で盛り上がりました。
とてもいきいきしていました。

色々なところを巡る、盛り沢山の2日目でした。

(文責:英数科 彦坂)