見出し

ニュース

「いよいよ後半戦!櫻輝祭決起集会!」

高等学校
 部活動の夏、補習の夏…様々な夏を過ごす世の高校生とは一味違うのが桜丘。夏休み前から始動した櫻輝祭準備は9月からが後半戦。多くの部活動が過去最高成績を次々と生み出す中、学校でも例年以上のペースでステージ企画のダンス練習に励む3年生の姿に「先輩たちあんなに練習しているのにうちら大丈夫!?」と背中を見て奮い立つ後輩たち。「竹、取りに行くから明日生徒会室前テント集合!」と号令をかけ、当日集まった生徒がみんなちょっとおしゃれな靴を履いてくると、「竹取りに行くのに、その靴はないだろ!」といつもとは違う服装指導をする先生。「父母の方がベニア板くれたんです!」とニコニコ顔でトラックから降りてくるある教員を見て、別の用事で学校に訪れていた父母が私に一言「…ベニア板って普通父母にもらえるものじゃないですよね?(笑)」
 このやり取り、この風景こそ「まさに桜丘」だなと今年の夏も実感しました。今年の櫻輝祭テーマ「cross ager~かさなる思い つながる力~」には、時代を越えても変わらない桜丘の本質と様々な人の思いがクロスし、つながっていく。かさなってきた様々な思いがクロスして、力になる。それを受け継いで時代を切開く人になるというエイジャーという意味が込められています。櫻輝祭も今日の決起集会を皮切りにさらに準備に熱が入っていきます。生徒、父母、教師、そして地域も巻き込んで櫻輝祭作っていきます。10月6日(日)一般公開お楽しみに!!