見出し

ニュース

2019 NZからのお便り 4月号

TOPIC
「今年も4月6日から、ニュージーランド・ダニーデンにあるカイコライバレーカレッジに2名の生徒が1年間留学した、現地で勉強をしています。現地からお手紙が届きました。
『ニュージーランドに来て3週間が経ちました。本当にあっという間でした。
僕達がNZに来てすぐにTerm1(日本でいう1学期)が終わり、2週間のホリデーに入りました。
ホリデー中は、新しくできた友達とタウンに遊びに行ったり、日本人教会に行き、NZ現地の日本人と交流をしたりと、とても有意義に過ごすことができました。
一昨日、ホリデーが終わり、Term2へと入り、いよいよ本格的に学校生活が始まりました。
日本とNZの学校生活では違うことがいくつかありますが、だんだんとその生活にも慣れてきました。海外の生活はやっぱり楽しいです。
僕達のいるInternationalクラスには色々な国籍の子がいます。みんな、母国語ではなく英語でコミュニケーションをとります。英語で誰かと喋るのはとても楽しいです。
まだ、うまく伝わらない時などもあるので、Term2では、まだ喋ったことの無い子にも沢山話したり、ホストファミリーとコミュニケーションをとったりしながら英語力を向上させていきたいと思います。 (小田 耕平)』