見出し

ニュース

英数科 喜びの声パート①

英数科
 3月になり、合格発表も次々と出ています。合格した子の「声」を一部紹介したいと思います。今回載せられなかった分は次回紹介させていただきます。

3年R組 近藤良宣 愛知教育大学 教育学部
部活との両立は大変でしたが、先生方の支えもあり、無事に合格することができました。クラスの仲が良く、みんなで励まし合いながら受験を乗り越えることができました。いつも生徒に寄り添う、英数科の先生方のような教師になれるよう、大学でも頑張ります。

3年T組 山本拓宙 広島市立大学 国際学部
第一志望の大学に合格することができ、よかったです。3年間で多くの人たちのお世話になり、そのおかげでと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。大学での日々を頑張りたいと思います。

3年R組 彦坂汐音 兵庫県立大学 環境人間学部
センター試験後の判定がC判定で、2次試験後もずっと不安だったけれど、無事に合格することができて本当にうれしいです。

3年R組 榊原慈英 東京理科大 経営
居残り学習で仲間と共に勉強することで、最後まで頑張ることができました。

3年S組 戸館和奏 愛知教育大学 教育学部
3年間辛いと思うことが何度かあったけど、学習クラブを続けていてよかったと思いました。支えてくれた両親や先生に感謝をしたいです。大学でも頑張ります。

3年R組 井上明裕 秋田大学 理工学部
僕はたくさん失敗してもうダメだと思うこともあって、挫けそうになった時もあったけれど、そんなときに先生、友達、親が助けてくれて1年生からの目標であった国公立大学に合格することができました。桜丘で頑張れば苦手なものを得意になるということを教えてもらえたので桜丘での3年間を糧として大学での勉学に励んでいきたいと思います。