見出し

ニュース

「スクールコンサート」in 高豊中学校

音楽科
音楽科は9月26日(金)豊橋市立高豊中学校の合唱コンクール後の鑑賞会に招待され、スクールコンサートを約50分のプログラムで行いました。
合唱を中心としたプログラムの希望があり、始めにプーランク作曲の「アヴェ・マリア」。与謝野晶子作詞、信長貴富作曲の「歌はどうしてつくる」を演奏しました。これらの曲は高等学校の合唱部が出場するコンクールの全国大会で演奏される難曲でしたが、高豊中学校の生徒のみなさんは、大変集中力の高い鑑賞態度で大きな拍手をしてくださいました。
続いて、ピアノ独奏、独唱と続きましたが、独唱は高豊中学校出身の窪田真由さんが、オペラのアリアを歌いました。
クラリネット6重奏で「フォスターメドレー」 、中学生と一緒に校歌を歌い、その校歌を即興でアレンジをし2年生の今別府幸理さんがエレクトーンで演奏しました。その後、櫻輝祭のオープニングで演奏した「ディズニーメドレー」を、最後はNコンの課題曲になった「虹」「ふるさと」「結」を演奏しました。
音楽科生徒は、「50分間ずっと瞳を輝かせながら鑑賞してくれた高豊中学校のみなさんに大変感謝をし、音楽をする喜びを実感した」と口々話していました。