見出し

ニュース

生物部・多米小学校出前授業

高等学校
 多米小学校から依頼があり、6月19日(火)に、生物部員4名(高3中井康太、田村尚登、中2渡会情熱、加藤遼大)が多米小学校体育館にて「朝倉川の生物調査」というタイトルで出前授業を実施しました。
 対象生徒は小4の130名(4クラス)で、まずは自己紹介、続いて高校生部員によるパワーポイントを使っての朝倉川プレゼンテーション、その後は生徒全員に生物部作成のリーフレット「朝倉川の生き物図鑑」が配布され、その説明を中学生部員が立派にしてくれました。
 授業の後半は、生物部から持ち込まれた4つの水槽(「カワムツ、ギンブナ、ウナギ、タウナギ」「モクズガニ」「ミナミヌマエビ」「クロベンケイガニ」)の前にそれぞれ1クラスずつ付き、部員も水槽の前に一人ずつ付き、クラスが入れ替わる形式で、部員は何回も繰り返し130名全員に丁寧に生き物の説明をしました。
 この出前授業は部員にとって初めての経験でしたが、小学生からの反応もよく、お互いに大満足のひとときとなりました。講師をした部員にとっても小学生にとってもずっと記憶に残る楽しい思い出になったことと確信します。
(生物部顧問・鈴木順久)