見出し

ニュース

英数科1年生、初めての授業

英数科
1年生の教室にて、高校での初めての授業が行われました。
R組では、樋渡先生による物理基礎の授業。生徒は自己紹介とともに、理科についての感想と高校に入学して印象に残った先生をはにかみながら発表していました。

S組では、英語の授業が行われ、生徒は英語で自己紹介と先日のオリエンテーション合宿の感想を発表しました。英語担当が担任の山口先生ということもあり、和気あいあいとした雰囲気でした。

T組では、緊張感の漂う中、生物基礎担当の清野先生から授業に必要な物や授業でのルールを聞き、中学校とは違った高校での学び方を確認していました。

今回は初回の授業で自己紹介が主でしたが、これから本格的に授業が始まります。生徒の学びを全力でサポートしていきます。