見出し

ニュース

クラスマッチ実行委員会

普通科
 3月14日(水)2学年最後のクラスマッチが実施されます。そのクラスマッチを自分たちで企画し、運営したいと名乗り出てくれた有志の生徒たちが、話し合いを重ね、作業に取り掛かりました。話し合いの中には、「このクラスマッチを通して、学年全体が1つになる雰囲気を作るためにはどうしたら良いか」、「一部の人だけが楽しむのではなく、全員が楽しめるものは何か」など、様々な議論がありました。その全ては、学年のため、学校のための意見ばかりで、この子たちなら次の桜丘を託せる、そしてクラスマッチも素晴らしいものになると確信しました。
 

 これまでの実行委員会で決まったことを少し紹介したいと思います。生徒たちにとって一番の気掛かりである種目が決まりました。種目は、“王様ドッヂ”です。王様は事前に各クラスに与えられたお題から決められます。例えば、“クラスで一番先生に怒られる人”がお題だと、各クラスで“1番怒られる人”が王様になります。相手チームの王様を予想しながら、ドッヂを行うので盛り上がること間違いなしです。ドッヂの強さだけでなく、クラスの団結力も試される競技になっています。
実行委員の生徒たちは、当日を成功させるために、一生懸命に試行錯誤しながら作業を進めています。また、各クラスも最後のクラスマッチに向けて、強く意気込んでいます。優勝するクラスはどこでしょうか?当日がとても楽しみです。

(文責:普音科2年 竹内 友誠)