見出し

ニュース

『文武両道』を目指して

普通科
 12月4日(月) から2学期期末試験が始まりました。生徒たちは授業後も学校に残り一生懸命勉強をしています。今日は、その中から部活動の勉強会について取り上げます。部活動の勉強会とは、部活動に所属している生徒が各競技のトレーニング終了後に学校に戻り、テストに向けて勉強することです。生徒たちは疲れ果てた状態で勉強会に臨むわけですが、「部活だけでなく、学校生活や学習が大事だ」ということを理解し、前向きに取り組んでいます。部活動をしている生徒にとって、勝利という目標に向かって必死に努力を重ねることはもちろん大事です。しかし、最低限の学校生活や礼儀、学習に臨めなければ、人として真の強さを持つことはできません。「勝利の神様は細部に宿る」という言葉がありますが、部活動だけでなく、普段生徒が意識しないような細かな部分に気を配り、意識し行動し続けた者が、部活動でもその先でも強く生き、結果を残せる人になると思います。その点で、桜丘の生徒は部活動以外のことでも一生懸命に取り組むことができるので、強い部活が多く存在すると思います。教員一同は、この先も大事なものを見失わず、心身ともに成長する子供を育てていきたいです。

  

(文責:普音科2年 竹内友誠)