見出し

ニュース

新入生85名、英数科へようこそ

英数科
4月6日(木)桜丘高校の入学式が行われました。今年英数科に入学してくる生徒は85名。それぞれR組、S組、T組のHRに入ります。各クラスの入学式の様子をお伝えします。

英数科1-R 担任 金丸先生
みんなは今日から高校生。でも、まだ高校生にはなりきれていない。そこで掲げた目標は『じっくり高校生になろう!』まずは「自律」そして高校3年生の受験期、卒業するまでには「自立」していこう。と話しました。語りかけるような口調の中にも笑いがあり、金丸先生らしい温かい雰囲気のクラス開きでした。
通信タイトル:「出会い・発見」
自分を成長させるためのキーワードが「出会い」と「発見」。
新しい仲間や知識との出会いや新しい自分の発見をし、不安を乗り越えて成長していこうという思いが込められているそうです。

英数科1-S担任 船津丸先生
英語愛が感じられる話で生徒たちの緊張をほぐすベテラン、船津丸先生。和やかな雰囲気に包まれるクラス開きでした。
通信タイトル:「今を生きる!」
今のこの時は二度と廻ってはこない。だからこそ、精一杯に今を生きよう!という思いが込められているそうです。(文責:兵藤)

英数科 1年T組 担任 谷口先生
 緊張感に包まれた教室内。その緊張の紐を解いたのは谷口先生の「野菜嫌いトーク!」。笑いに溢れ、みなさんの表情がやわらかくなりました。とてもよい空気のなか、行われたクラス開きとなりました。
通信タイトル:「ゆいまーる」
 沖縄の言葉で「助け合う」という意味。根底にはまずそれぞれが自分でがんばり、その上で助け合うという深い意味が込められています。(文責:山口)

  

1年生は4月11日、12日とオリエンテーション合宿が行われます。まだまだ緊張感が漂っていますが、きっと合宿が終われば友達ができ、笑顔あふれる高校生活になることと思います。