学校案内

中学_教育の特色

桜丘中学校の学習特徴

1.国語力
文章を正しく読み、理解することはすべての学びの基礎。私たちは第一に漢字の定着を図ります。 読み書きはもちろん、漢字に関わる様々なことがらにも目を向け、言葉について幅広い知識の定着を心がけます。 (中3までに漢字検定準2級取得を目標)
また、中学3年次より国語文法とのかかわりの中で、古典文法も学び、古典文学作品まで読書の幅をひろげていきます。
様々な文章に触れるなかで、「読解→まとめ」を繰り返し、正しく読む力を育成します。

2.数学力
ものごとを順序だてて考え、組み立てていく論理的思考力、そして定理にもとづき、数理的処理を行う力。 この力を育むため、中学2年次より習熟度別クラスでの授業を開講、体系的な教材を利用しながら、
一人ひとりの到達度を小テストで確認していきます。 苦手分野のフォロー、そして得意分野をさらに伸ばす補習を積極的に行っています。

3.社会認識力
社会科や総合的な学習の時間をはじめとした豊かな体験活動を通して、社会というものを考えます。 文化を知ることを目的とした各国の料理調べ、夏休みを利用した広島・長崎・沖縄への平和旅行など、
平和を希求する主権者として、社会をより多角的にとらえ、認識する力を育てます。

4.科学的思考力
自然との共生を大きなテーマに、実験観察といった体験型学習を通じて科学的知識を習得します。 確かな知識は知的好奇心をかき立て、問題を見つけ、思考することにつながっていきます。
理科の時間ではあらゆる実験を実施しています。 さらに総合的な学習の時間との連携により、実りある校外学習(朝倉川水質調査・生態観察・フィールドワーク…)を実施、確かな科学的思考力を育てます。

5.英語力
これからの国際社会で必ず必要とされる英語力。 6ヶ年で多彩なプログラムを通して、外国人を自然に受け入れ、彼らと進んでコミュニケーションをとる姿勢を培っています。 自国とは異なった文化や風習、
歴史などの知識を基礎に、それを自らの体験や考えと結び付けながら、4技能を効率よく学んでいきます。 英語力を高めていくことは、物事を広い視野から捉えられる力や、将来の活躍の場を
大きく広げていくことにもつながっていきます。

6.表現力
毎年行われる弁論大会、英語スピーチコンテスト、ビオトープや韓国平和学習などの総合学習発表会。 思いや考えを正しく、分かりやすく伝える力を試すたくさんの場があります。
このような機会を設けることにより、より深く調べたい、分かりやすく伝えたいという意識が深まります。 より論理的な構成を考え、工夫する力を伸長していきます。

教育の特長

英語教育

英語教育

総合的な学習

総合的な学習